スキップしてメイン コンテンツに移動

AIR for iOSでAPNsをサポートするためのTips

【追記】AIR 3.4から正式にAPNsによるPush Notificationがサポートされました。この記事で紹介しているやり方だと恐らく不具合が生じる可能性がありますので標準のAPIを使うようにしてください。詳しくはプッシュ通知の使用を見てください。

AIRのアプリでAPNsをサポートする必要があったのでANEで実装してみました。
既に実装した人はいるようなのですが(参考)ソースがなかったので自作しました。

iOSアプリでAPNsを使うには大雑把に以下の実装が必要です。
  • UIApplicationのregisterForRemoteNotificationTypes:メソッドを呼び出す。端末をAPNsに登録します
  • AppDelegateに以下のメソッドを実装
    • application:didRegisterForRemoteNotificationsWithDeviceToken: APNsの登録に成功した場合の処理
    • application:didFailToRegisterForRemoteNotificationsWithError: APNsの登録に失敗した場合の処理
    • application:didFinishLaunchingWithOptions: Remote通知に含まれる情報を読み取ります(アプリ起動時)
    • application:didReceiveRemoteNotification: Remote通知に含まれる情報を読み取ります(アプリ起動中)


これをANEで実装する場合、いろいろ試して下のような形で実装できました。

UIApplicationのregisterForRemoteNotificationTypes: メソッドを呼び出す


普通にANEの関数内で呼び出します。UIApplicationのインスタンスは[UIApplication sharedApplication]で取れます。UIApplicationはSingletonのようです。

UIApplicationDelegateにPush関連のメソッドを実装


こいつが結構くせ者でしてAIRのRuntimeが既にDelegateを実装してしまっているのでむやみに取り替えられません。また、ソースもありません。

いろいろ調べた結果以下のような方法を採りました。
  • 適当なクラスのload()メソッド内でNSNotificationCenterを利用して起動時のイベントを監視するObserverを登録します. このObserverの引数(NSNotification)からapplication:didFinishLaunchingWithOptions:で渡される起動時の引数を取得できます。(参考)
  • APNs関連のメソッド3つについてはAIR Runtimeでは実装してないはずなので上のObserverの中でメソッドを丸ごとオレオレ実装の物にオーバーライドします(参考)。将来AIRでAPNsがサポートされたらおかしな事になるかもしれませんので注意してください。
AIR(Flash)もiOSも始めたばっかりで苦労しましたがいろいろ勉強になりました。

コメント

このブログの人気の投稿

Windowsのエクスプローラーがフリーズする現象

ここ数ヶ月の間Windowsのエクスプローラーの調子がおかしかったのでぐぐって直した。

症状
アイコンをダブルクリックしてもエクスプローラーがハングアップする。数分待つと関連付けされたアプリが起動する。アイコンを右クリックするとエクスプローラーがハングアップする。待つとメニューが出る。普通にアプリにドラッグアンドドロップする分にはフリーズしない。
ググッたところ同様に悩んでいる方がいた。
ファイルの起動が遅い

レジストリに存在しないマシンへのファイル共有のリンクがあるとフリーズするらしい。
大体の原因がわかったのでregeditでレジストリをエクスポートしてテキストエディタから「\\\\」(UNCの最初の\\を\でエスケープした文字列)で検索して片っ端からファイル共有へのリンクがないかチェックした。

案の定4,5個ぐらい存在しないマシンの共有ファイルへリンクしていた。やった覚えはないんだけどなぁ。。

当該箇所を削除したところ再起動なしでエクスプローラーがフリーズしなくなりました。
再インストールも考えていたので助かりました。

kickstartで最小限の構成でインストール

最小限の手間でサーバーを配備できるようにしたいのでkickstartインストールをやってみました。 とりあえずの目標としては以下の2点。 最小構成でインストール。必要なdaemonはsshdだけDAGリポジトリからPuppetをインストール。これは次回以降の自動設定の布石 設定ファイルを作った手順は以下のような感じ 実際に手動で最小限の構成でインストールしてみるインストール後に/root/anaconda-ks.cfgを参考に編集。オプションの詳しい説明はRedHatのマニュアルウノウラボさんのblogを参考にした。編集した設定ファイル(ks.cfg)をhttpでアクセスできる場所にアップロード。自分はDropboxのPublic領域にコピー。これで自前のWebサーバーを準備する手間が省けるVMWare Playerで実際にkickstartインストールできるか確認。思ったとおりにいってない箇所があれば2に戻る。 で、できた設定ファイルが以下のようになります。一部()で囲っている部分は適宜置き換えてください。 install url --url http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos/5.5/os/i386 lang ja_JP.UTF-8 keyboard jp106 timezone Asia/Tokyo network --device eth0 --bootproto dhcp --hostname (ホスト名) --noipv6 firewall --enabled --port=22:tcp rootpw --iscrypted (暗号化パスワード) authconfig --enableshadow --enablemd5 selinux --permissive bootloader --location=mbr --driveorder=sda clearpart --all --initlabel --drives=sda part /boot --fstype ext3 --size=100 --ondisk=sda part pv.2 --size=0 --grow --ondisk=sda volgroup VolGroup00 pv.2 logvol swap --fstype swap --n…

LinuxのHDDを増設してみた

2TBのHDDがお手軽に買えるようになってきたのでLinuxサーバーのHDDを交換・増設してみた。

変更前の状態は以下の通り
sda: WD10EADS
sdb: WD20EADS sdb1,sdb2にそれぞれ1000GBずつ割り当て
sdc: WD20EADS sdc1,sdc2にそれぞれ1000GBずつ割り当て

今回はsdaを取り外してWD20EARSを2台増設する。
あとRAID化されていない領域をRAID-5化する。
総容量は4TBから6TBになる

WD20EARSは普通のHDDと違って物理セクターサイズが4KiBなのでパーティションを適切に切らないとWriteのパフォーマンスは半減する。この辺は簡単なベンチマークをしたので後述。

結局通常のMBRでなくGPTでパーティションを以下のように切りました

GNU Parted 1.8.1 Using /dev/sdd Welcome to GNU Parted! Type 'help' to view a list of commands. (parted) unit s (parted) p Model: ATA WDC WD20EARS-00M (scsi) Disk /dev/sdd: 3907029167s Sector size (logical/physical): 512B/512B Partition Table: gpt Number Start End Size File system Name Flags 1 40s 1953134487s 1953134448s ext3 primary raid 2 1953134488s 3906268935s 1953134448s primary raid
パーティションはこんな感じで作りました。 mkpart 40 1953…